業者の常識!テラスの工事の大事なポイント

2022.11.15

【茨城で外構工事】業者の常識!テラスの工事の大事なポイント

茨城で外構工事業者へテラス設置を依頼する前に知っておきたい基礎知識

茨城で外構工事を検討している場合、施工事例やモデルハウスなどの完成画像を参考にする方も多いでしょう。しかし、どのようなテラスが設置できるかを考えるときには、テラスの種類や素材の知識が必要です。今回は、外構工事におけるテラスについて詳しくご紹介します。

業者の常識!外構工事におけるテラスとは

日差しを浴びるテラス

テラスとは、建物において1階の床と同じ高さに作られた領域のことです。基本的には建物の外側に設置し、窓の下などに造られることが少なくありません。なお、屋根の有無はテラスに関係しません。

このテラスを造るときには、「テラス屋根を付ける」「テラスの床部分そのものを作る」などの工事が考えられます。

外構工事を依頼される前に、どのようなテラスを希望するか、またどのような形でテラスを楽しみたいのかを明確にしておくことが大切です。

テラス屋根の造り方

すでに1段高くなっている部分にテラス屋根を増設します。

テラス屋根は、アルミなどを柱とした簡易屋根となるため施工費用が安く、気軽に設置できるのがメリットです。材料費も込みで10万~20万円程度で設置できます。

洗濯物が干せる場所が欲しいといった方にはぴったりです。

また、テラス屋根を設置することによって日陰が得られるので、真夏の日差しを遮る、雨風が吹き込むのを防ぐといったメリットを得られます。バックヤードに設置することもできるので、洗濯物を干すスペースにテラス屋根を設置する方も少なくありません。

屋根の形状は、フラットなタイプとカーブのあるRタイプの2種類です。Rタイプは雨や雪を落としやすく機能性が高いというメリットがあります。フラットタイプは見た目がよく、どのような住宅にもマッチしやすいという点がメリットです。

テラスの床部分を設置する

軒先から床を外に延長してテラスを造ります。単なる洗濯物干し場ではなく、おしゃれな多目的空間として活用できるのがこちらのタイプのテラスです。ガーデンルームやサンルームなどの目的で使用されることも多く、家に遊び心を取り入れたい場合によく設置されます。

このタイプのテラスは「デッキ」によく似ているのですが、基本的にデッキは建物の延長として設置します。なおデッキの高さは、地面から1段高いケースが多いです。

インターネット通販などで簡単に買えるテラス屋根とは違い、こちらのタイプはデザイン料などを払い、本格的に設計してもらうこともあります。そのため、施工日数が多くかかる点に注意が必要です。

テラスにおける屋根や床の種類・素材について

床がレンガで造られたテラス

テラスを造ることを決めた場合、屋根や床のどちらを増設するにしても最適な素材を選ぶ必要があります。これは、耐久性や見た目に大きく関わるからです。

テラスの屋根に使われる素材

テラスの屋根に使われる素材として、最も一般的なのはポリカーボネートでしょう。ポリカーボネートは熱可塑性樹脂の一種です。衝撃に強い上に軽量、さらに透明度が高いにもかかわらず紫外線を吸収するといった特徴があるため、屋根の素材としてよく使用されています。温度に関しても-40度~125度に耐えられるので、設置する地域が限定されません。

見た目はアクリル板によく似ていますが、アクリル板の30倍の衝撃に耐えられる強度を持っています。ただし、アクリル板のように容易に穴を開けたり曲げたりできない点がデメリットです。

ポリカーボネートには無色透明のものから色のついたもの、すりガラスのような加工がされたものなど、様々な種類があります。どのぐらい遮光したいかによって選んでください。

積雪の多い地域ではポリカーボネートの代わりにステンレス製の屋根が使われることもありますが、光を完全に遮ってしまうというデメリットもあります。

なお、昔から使用されてきた素材に塩化ビニールが挙げられます。安価ですが耐久性に欠けるため、最近ではポリカーボネートが広く使用されています。

床材として使用される素材

テラスの床材には、コンクリートやレンガ、樹脂製素材、木材などといったバリエーションがありますので、使用目的や予算によって選んでください。

ハードウッドであれば腐らないので、設置場所ではなく木材の材質に注意しなければなりません。

ハードウッドは主に赤道付近に分布する広葉樹から作られた木材のことで、イペやウリン、イタウバ、セランガンバツなどの種類があります。繊維が非常に細かく密になっており、ずっしりと重く、高級感と重厚感のある木材です。繊維が細かく密になっているということは、破壊・切断・反りなどにも強いということです。

1~2年ごとに防虫・防腐塗装などのメンテナンスが必要なソフトウッドとは違い、腐食や虫害、水分による腐朽に強く、防腐剤や塗装などを定期的に行う必要がないことから、数十年間メンテナンスフリーで使えます。価格はソフトウッドと比べるとどうしても高くなってしまいますが、定期的な防腐剤・防虫剤の塗布、塗装といったメンテナンスがいらないことを考えると、ハードウッドのほうが経済的だといえます。

施工から年数が経つと美しいシルバーグレーになることから、経年変化を楽しむことも可能です。

ハードウッドは非常に硬い木材のため、施工にはプロの手が必要です。詳しくはウッディーガーデンにお問い合わせください。

テラス設置の素材選びからご相談いただけます

テラスを造る際は、屋根の設置や床の設置といった工事を行います。屋根の形状や床材などの知識を持っていると、必要な工事や素材などの選定に役立ちます。

テラス設置をお考えなら、ぜひ一度ウッディーガーデンにご相談ください。ご要望にぴったりの素材・形状のテラスを提案させていただきます。ナチュラルテイストのテラスも数多く手がけておりますので、まずは一度ご相談ください。

テラス設置だけではなく、スタンプコンクリートやモルタル造形、植栽など、様々な施工に幅広く対応しております。

茨城で外構工事業者にテラスを設置依頼するならウッディーガーデン

会社名 Woody Garden株式会社
サイト名 ウッディーガーデン
電話番号 029-875-3515
電話番号(直通) 090-5314-1414
FAX番号 029-875-3520
メールアドレス info@woody-garden.jp
事務所 〒300-0314 茨城県稲敷郡阿見町追原1178−1
営業時間 9:00~17:00
定休日 不定休
対応エリア つくば市・土浦市・牛久市など茨城県から関東エリア
URL /

PAGE
TOP