外構工事でおしゃれな家周りを実現!費用はどれくらい?

2022.11.15

【茨城】外構工事でおしゃれな家周りを実現!費用はどれくらい?

注文住宅で家の建築をする場合、外構工事も含まれていると考えている方は意外と多いです。しかし、建物と外構はまったく別なのです。

ハウスメーカーによっては外構に関する話が出ないまま着工し、そのまま引き渡しとなるケースもあります。着工してから外構の打ち合わせを行うケースもありますが、着工してからではもう住宅ローンに外構工事の費用を組み込めません。予算オーバーで外構工事を諦める方もいらっしゃいます。

こちらでは、茨城の外構工事業者・ウッディーガーデンが、外構工事の基本や外構工事業者の選び方、外構工事の費用やタイミングなどを解説いたします。

おしゃれな家周りを実現するための外構工事について

外構工事とは何なのか、おしゃれな家周りをつくるための重要なポイントである外構工事について解説します。また、外構工事を依頼するのはハウスメーカーか外構工事を専門としている外構工事業者です。

それぞれどのように違うのか、ハウスメーカーと外構工事業者の特徴もご紹介しますので、ぜひチェックしてください。

家の外観工事の基本

建物の外観

外構工事とは、門やアプローチ、カーポートや花壇など家の外側を構成しているものをいいます。

外構工事は「エクステリア」と同じ意味

近年、エクステリアという言葉を聞かれることもあるでしょう。外構工事とエクステリアはどう違うのか不思議に思われるかもしれません。

実は、外構工事とエクステリアは同じなのです。エクステリアとはもともと外部や外観という意味で、家の外観を見た目や機能などの面でこだわりたいという方などから注目されています。

エクステリアはもともと外敵の侵入を防ぐために城の周りを囲んだ城郭からはじまり、城郭は防衛の目的でつくられていたのが権威の象徴へと変化し、門や塀に囲まれた家を持つことがステータスとなったといわれています。

その当時は外構工事がとても高価で一般家庭にはなかなか普及しませんでした。高度成長期に一般家庭でも手が届く価格帯の製品が出回るようになったことが、現在のエクステリアブームにつながっていると考えられます。このことから、おしゃれな見た目にこだわってつくるものがエクステリアで、機能重視のものが外構工事ではないのかと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、見た目をまったく気にしない外構工事は存在しません。両者は同義と考えていいでしょう。

外構工事の費用は本体工事に含まれない

マンションや建売住宅の場合には土地と建物が揃った状態で販売されるので、ある程度の外構工事はできています。しかし、注文住宅でゼロからつくっていく場合、建物と外構工事は全く別で、工事の契約や費用の支払先もまったく別の会社というケースも珍しくありません。建物と外構工事を同じハウスメーカーに依頼する場合でも、実は見積もりの段階で外構工事は別になっています。外構工事が建物の工事に含まれていると思っていて、驚かれる方も少なくないようです。

茨城のウッディーガーデンでは、お客様一人ひとりのニーズに合わせ、外構工事のデザインをつくっていきます。おしゃれな庭など外構工事をご検討されている場合には、ぜひウッディーガーデンまでお問い合わせください。

業者へ依頼するときのポイント

家の模型を持つ人物

注文住宅を建てる際に、外構工事も建物と同じハウスメーカーに依頼すべきか、外構工事の専門業者に依頼すべきか迷ってしまうという方もいるでしょう。

ハウスメーカーと外構工事業者ではどのような違いがあるのか、それぞれの特徴についてご紹介いたします。

ハウスメーカー

ハウスメーカーに外構工事を依頼した場合、ハウスメーカーが施工するのではなく請負管理を行うのです。施工は提携の下請け外構会社が行うので、20%~30%の手数料が発生します。

建物と外構を同じハウスメーカーに依頼した場合には、お金の支払先が同じなのでスムーズに支払いができます。また、ハウスメーカーはアフターサービスが手厚く、しっかりとした保証が魅力です。建物と同様に外構もアフターサービスや保証の対象となります。

外構工事業者

外構工事業者の特徴は、豊富な経験と知識です。ハウスメーカーは建築のプロですが、外構工事業者は外構工事のプロです。外構工事には庭づくりのプランニングを行う「エクステリアプランナー」や造園の技術や知識を証明する「造園技能士」など、様々な資格があります。外構工事業者の中にはこのような資格を取得しているスタッフもいます。

外構にこだわりたい場合には、外構工事業者に依頼するのがおすすめです。家のデザインに調和した外構やSNSなどで見た憧れの外構にしたい場合、空いているスペースを上手に使っておしゃれな外構にしたい場合などは、外構工事業者のプランニング力が存分に発揮されることでしょう。

費用の面では、外構工事業者に直接依頼すると中間マージンが発生しないため、安く抑えることができます。茨城のウッディーガーデンでは、高い技術力を活かしたおしゃれな外構工事が好評です。工事が難しいと他社で断られた場合でも、ぜひウッディーガーデンにご相談ください。

外構工事の費用はどれくらい?

外構工事では、費用も重要です。外構工事の費用は建物の建築費用に含まれていると思い込まれている方は少なくありません。費用が別だと気づいたときには、もう住宅ローンに組み込めない段階まで進んでしまっていて、予算が足らずに思い通りの外構工事ができなかったというケースもあります。

外構工事の費用と住宅ローンの関係、外構工事の打ち合わせを行うベストなタイミングについてチェックしておきましょう。

工事費用と住宅ローンの関係

ローンの文字

建物と同じハウスメーカーに外構工事を依頼した場合には、外構工事の費用を住宅ローンに組み込むことができますが、専門の外構工事業者に依頼する場合、工事費用を住宅ローンに組み込むには注意が必要です。

住宅ローンの審査に通った後で外構工事の費用を組み込むことはできません。住宅ローンを申請する際に、外構工事の確認資料を揃えておく必要があります。

ただし、金融機関によっては建築業者と外構工事業者が同じでなければ住宅ローンの対象として認めないというところもあるので、事前に金融機関にご確認ください。住宅ローンに組み込めない場合にはリフォームローンやフリーローンがありますが、住宅ローンと比べて金利が高く返済期間も最長で15年となるので注意が必要です。

ウッディーガーデンでは、高い技術力が必要な難しい外構工事も承っております。おしゃれな外構にしたいとお考えの場合には、ウッディーガーデンにお問い合わせください。

外観の工事を行うタイミング

家の模型と電卓

外構工事を行うタイミングや、外構工事の打ち合わせのタイミングには注意が必要です。

外構工事の打ち合わせに最適なタイミングは、間取りが決まった段階です。外構プランの設計をするためには間取りや配置が必要になります。もっと早くから外構工事の打ち合わせをしたいと思っても、間取りが決まるまでは外構工事の打ち合わせはできません。

では遅い分にはいつでも問題ないのか、といえばそのようなことはありません。費用を住宅ローンに組み込む場合、ローンを申し込むまでに外構工事の確認書類を揃える必要があります。

また、早い段階に外構工事の打ち合わせを行うと、外構工事に合わせて間取りの変更が可能です。照明を多く取り付けたいけど電源が足りない、もう少しスペースを広くとりたいなど、早い段階であれば変更が可能です。

注文住宅の建築では、ハウスメーカーによって外構工事に関する話が出ないまま着工へと進んでしまうケースがあります。引き渡し後に外構工事の打ち合わせが始まることも珍しくありません。着工後に外構工事の話をされても、予算が足りなくなってしまっている可能性もあります。

注文住宅では建物に気持ちが集中してしまいがちですが、建物と外構をトータルでコーディネートする意識をもっておきましょう。外構も家のイメージを左右する大きなポイントとなるのです。

外構工事でおしゃれな家周りを実現しよう!

おしゃれな家周りを実現するためには、外構工事が大切です。家は高価な買い物なので、せっかくなら建物だけでなく外構にもこだわりましょう。

ほかにはない、自分たち家族だけのステキな空間をつくり上げてください。後悔のないよう、早めに計画を立てましょう。

おしゃれなお庭にしたいとお考えなら、茨城の外構工事業者・ウッディーガーデンまで

会社名 Woody Garden株式会社
サイト名 ウッディーガーデン
電話番号 029-875-3515
電話番号(直通) 090-5314-1414
事務所 〒300-0314 茨城県稲敷郡阿見町追原1178−1
営業時間 9:00~17:00
定休日 不定休
対応エリア 牛久市・土浦市を中心に茨城県から関東エリア
URL /

PAGE
TOP